日本語教師を目指している方へ|短期の語学留学や英会話スクールなどで学べる英語学習方法【自分に合った学び方】

日本語教になるための方法や必要なスキルを知ろう

日本語教師を目指している方へ

男性

日本語教師になるには

日本語教師は、日本語を教える先生のことですが、特別な資格や免許は必要ありません。そのため、日本語教師は誰でも名乗ることができます。しかし、日本語教師として働く場所によって、特別な資格やスキルが求められる場合もあります。まず、小中学校などの公教育機関で教える場合は、教員免許が欠かせません。また、大学で教える場合は言語学関係で大学院修士課程以上であることが基本的に求められます 。小中学校や大学以外では、民間の日本語学校で教えるケースが多いです。民間の日本語学校では、学校によって求められるスキルは違います。とはいうものの、4年制大学で日本語教育の専攻を終えているか、日本語教育能力検定試験に合格しているか、日本語教員養成講座を修了しているか、といった条件が一般的です。

日本語教師に向いている人

日本語教師に向いている人は、まず教えることが好きな人です。教師という仕事は、何もわからない生徒に、分かりやすく具体的に根気強く教えることが仕事です。そのため教えること自体にやりがいを感じる人が向いています。また、日本語という言語が好きな人も向いているでしょう。同時に、日本の文化や歴史に詳しくなければいけません。日本語教師は外国からきた異文化の生徒に0から日本語を教えるため、教えるスキル・日本語のスキル・日本の文化や歴史に関する知識、の3つのポイントを高レベルで合わせ持っている必要があります。これら3つのポイントに自信がない方は、日本語教師のための研修を受けたり、日本語を教えるボランティアに応募したりすることで、着実にスキルを高めることができるはずです。

スクールに通って日本語教師になろう

日本語教師になるには、日本語教師養成のスクールに通うことが近道となります。文化庁日本語教師養成方針に沿ったスクールを選ぶことで日本語教師に必要なスキルや知識を効率的に学ぶことができます。日本語教師養成スクールでは、日本語の仕組みや日本語教育の環境、教え方の理論、教え方の実践などを勉強することができます。文化庁によると「日本語教師養成のための標準的な教育内容」に必要な時間は420時間といわれており、日本語教師養成スクールでは、420時間コースを設けているスクールが多くあります。カリキュラム修了の期間の目安は、一週間に多くの授業を受けると約半年、少し授業数を減らしながら通うと約一年程度です。

広告募集中